不動産の調査・測量・表示に関する登記等、お気軽にご相談ください 096-372-5031

土地家屋調査士は、不動産の調査・測量・表示に関する登記のスペシャリストです

会員の広場
会報
補助者募集
お問い合わせ
個人情報
保護方針

土地の境界知ってます?

土地の境界ってどこ?

あなたの土地とお隣さんの土地との間にこんな目印見たことありませんか?
この目印は境界標と言い、自分の土地の範囲を他人に主張し知らせる為に設置します。但しお隣の土地の所有者に無断で設置するとトラブルになります。設置する時は土地家屋調査士にご相談ください。

土地の区画を表す境界標を設置

境界標は勝手に設置してはいけないんです!
境界標を設置するには、事前に法務局や市町村等で土地の境界に関する資料を調査・解析し、場合によっては、関連する資料を基に境界を正確に復元し、関係者立会のもと、境界を確認します。
確認した境界には、先ほどの目印(永久標識等)を設置し境界を明確にします。
当事者間で境界確認書を交わすなど、将来的に境界紛争が生じないように、努めます。

境界確定には土地家屋調査士の測量が必要!

土地の境界を測量するのには、国家資格を有する土地家屋調査士でなければ公的に認められません。

皆さんが立ち会って確認してくださった境界標を、トランシットや皆さんも知っているGPSなどの測量機器を使用してミリメートルの単位で測量します。現在では基本的に、世界測地系(世界座標系)で測量しています。

登記のための平面図を作成します!

現場測量データをもとに、登記のための測量図を作成します。測量図には、土地の所在、地番、お隣の土地との関係、面積、境界標の種類、境界標同士の点間距離、境界標が無くなった時もう一度復元する為のデータなどその土地に関する情報を記載しています。

測量図を見れば誰でもこの土地の事がわかるようになっています。

PAGE TOP